観葉植物から学んだ、意図と観察の意味

repo_url
date
May 16, 2024
thumbnail_url
slug
shokubutu-kun
status
Published
tags
boyaki
summary
あることをきかっけに元気を取り戻しました
type
Post
outer_link
去年ぐらいから観葉植物を育てている。1mぐらいの大きさで窓際に置いている。
海外へ旅立っていた、姉から譲り受けたものだ。
 
そんな観葉植物の上に、茶色のもじゃもじゃがあった。水をやるときに邪魔になってしまうし、根っこが息しづらいしと思って、茶色のもじゃもじゃを取って育てていた。
 
どうやら枯れてしまう葉が徐々に増えてきて季節の問題かな?と思っていた。
水の頻度を増やしたり、場所を変えたり、葉の手入れをしたりしたが大きい変化がなかった。
 
姉にも手入れについて聞いてみた。
 
僕:
植物くん最近元気なくて、葉っぱが日に日に落ちてきちゃってます。
冬だから?寒い?冬のあいだどう手入れしてましたか?
 
姉:
冬は落ちてたかも……霧吹きは私やってなかったので偉い
普通にお水やってればいいけどむしろ冬は2日に1回とかでいいかも?
そうなのかと思って、冬は落ちるものだと思ってしばらく過ごしていた。
ふとした時に、茶色のもじゃもじゃを何かの拍子で戻した途端、葉が落ちなくなった。
 
そこで気付いた。植物の根っこが冷えると枯れてしまうのかも?と。
そのために、茶色のもじゃもじゃがあったんだなと。
 
人間でいう靴下みたいなことかと。
冬場で寒い部屋のなかで靴下なかったら辛すぎる…
 
何らかの意図があるんじゃないか?と一度疑ってみること。
何をしたら、どうなるのかしっかり観察してみること。
 
そんな教訓を植物くんから学びました。ありがとう。
また赴くままに書きます。
 
さようなら〜〜

© yokinist

Source