自分の言葉で「良さ」を言語化する勇気を持つ

repo_url
date
Sep 20, 2021
thumbnail_url
slug
what-is-yosa
status
Published
tags
ikigomi
summary
語彙力や言語化力はきっと鍛えられるものなんだろうと気付いてしまったのであった...
type
Post
outer_link
映画を見終わった後、展示を見た後、ライブに行った後「めちゃくちゃ良かった...」となってそれ以上何も出てこない自分の語彙力のなさに呆れてしまうことが度々ある。そんな時、ふと気付いた。語彙力や言語化力は鍛えられるもので、自分はその機会を逃し続けているのかもしれないと。きっとグルメ番組で活躍するリポーターも、最初から上手だった訳ではなく場数を踏み試行錯誤をしながら腕をあげていったのだろう。
「良さの言語化力」を構成するものは知識量・語彙力・感受性で、それぞれは密接に繋がっているのではないかと勝手に思っている。言語化を試みようとすると何が足りていないのかが分かってくる。さらに、言葉にする過程で自分の理解を深めることができたり、言葉にしたら他の人にも「良さ」をより伝えることができるようになる。
だからこそ、一歩立ち止まって「何が良いと感じさせているのか」を自分に問い、深ぼって自分なりに言語化してみる勇気を持ちたい。頭の中を整理しながら言語化して共有するといった意味でもブログは機能するので、自分の訓練として何かあるたびに積極的にあげていこうと改めて思った。

© yokinist 2021 - 2022 - Build with Next.js & Notion